スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧神を庭に埋めた日

 秋、うかうかしちゃったので、今から植えられる植物をアレコレ物色してたら。

 「アスパラガスの栽培は家庭菜園にピッタリです」
 「アスパラガスは大切に育てると年数が経過するたびに収穫量が増えてきます」
 「10年ほど植えっぱなしで収穫できる」

 とか。
 うはうはな文言を見つけたので、アスパラガスに飛びつきました。
 
 といってもね……
 もうズボラだから、植えっぱなしで、後は自力で頑張って貰う作戦ですよ。
 石灰撒いて、地質を変えたりもしません。
 お水も思いついた時に。
 だから、きっとサバイバルアスパラガスになるはず。

 PC043668.jpg

 ど~~~~~ん!!!

 アスパラガスの苗が、予想外でした。
 なにこの旧神……

 そして、そこ、くーちゃん、踏まない。
 油かすを食べようとしない。

 PC043669.jpg

 直径30cm、深さ40cmに、ちっちゃいスコップ一本で挑む→スコップ曲がる→キッチンから小さいボールを持って来てそれでなんとか掘る。

 PC043670.jpg

 ど~~~~~ん!!!

 なにこのオールドワン……
 
 がんばって穴掘ったけど、さすがに根っこを広げるほどではなかったので、巻きながら収納。
 掘ってる途中、謎の布が出てきて、最初は取り除こうとしたけどだいぶ埋まってたから、見ないフリもしました。だってほら、中身が入ってたら、怖いじゃない……
 
 PC043671.jpg

 そして埋め埋め。
 春になったら、きっとここからアスパラガスがにょきにょきと……うふふ

 あと、アネモネ(種)と、ローズマリー(苗)と、ミント四種類(苗)も植えました。
 全部適当なので、これまたサバイバルだけど……
 縁あって私のところに来る子だから、きっと大丈夫だろう。

 という、農家さんや、家庭菜園を真面目にやっている方から見たら「そこへなおれい!!」と挽き据えられるような、ずぼら菜園。
 果たしてどうなることか……ドキドキですなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。