スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年後の私に

 昨日、保険を一つ追加。
 
 お金のことは家族任せで、ちっともわからない私。
 保険や年金や、そういう書類がたくさん絡むことは、うすぼんやりとしか……
 なので、昨日は保険の方に来ていただき、母と一緒にあれこれと見直しをしておりました。

 追加したのは、毎月少しずつ払っておいて、60歳になったら月にいくらかずつ戻って来る、というもの。
 でも払ったより、たくさん戻って来るんです。
 不思議。
 保険会社って、どうなってるの?

 今の1万円と数十年後の1万円の違い。
 その時に私がどんな生活をしていて、どのくらいお金を必要としているのか。
 そんなことが皆目わからない状況で、果たして本当に「備えあれば憂いなし」になるのであろうか……。
 でもまぁ、「やっておけば良かった」になるよりは、と思いまして。

 保険の方には、二つ、薦めていただいたんです。
 まずは、その年金の補填みたいなプラン。
 あとは、今入っている医療保険(?)をグレードアップするプラン。
 後者は見送りました。
 いろいろ考えて、さらに母の
 「私を含め、家族全員が、もしこの子に何かあったら全力で守る気でおります。なので、今現在のことは、実はあまり心配しておりません。ただ、私達がいなくなった後のためには、この○○プランだけはしっかりしておいた方がいいと思います」
 との言葉に、ちょっとジンとしつつ。

 保険の方は、あまりにものを知らない私に、丁寧にいろいろ説明もして下さいました。
 でも聞けば聞くほど、理不尽な仕組み……。
 普通に生きてて、普通に頑張って、なのに普通に暮らしていけない老後ってなんなのさ、国!!
 奥様は旦那様の付属物じゃないのよ、国!!
 私達は個人事業主なので、自分たち以外に頼るべきところがありません。体を壊したら、そこまで。
 だから、自分自身をしっかりメンテナンスしつつ、人生を最後まで走りきるようにしなきゃ。

 と、言いつつ。
 いただいた資料に目がしぱしぱしております
 活字中毒だけど、これは、別だ……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。