スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果報告。

 お友達のおうちでのお茶会に参加してきました。
 といっても、アフタヌーンティではありません。

 中国茶

 IMG_0991.jpg

 各自が持ち寄りで食べ物を持っていって、お茶は振る舞っていただく、ポットラックパーティ形式。
 このお茶セットが素晴らしすぎて、私、終始ヨダレが。

 IMG_0992.jpg

 見て、このお茶棚!!
 香港に長くいらっしゃった方なので、そちらでお買い求めになった茶器がずらりと。
 もうどれもツボでツボで……

 特にこれ。

 GetAttachment.jpg

 金魚柄は好きで探していたけれど、これはもう理想。
 下の緑の青海波模様がいい。これで器全体がぐっと締まる気がする。もちろんお揃いの杯もあります。
 聞けばお値段もそんなにはしない模様(日本だと三倍くらいになってるらしい)。ご本人は行かないけれど、近々お友達が行かれるかもしれないとお伺いして、ひと揃いお願いしてしまいました。
 でもいつか、自分の目で選びに行きたいなぁ(香港から日帰りでいける距離、お店に入ったらどれも素敵で一日出られないよ~、と)。
 香港か……一泊二日で何とか……いやいや。

 IMG_0993.jpg

 いつか自宅でもこんな風にお茶会が開けるようになりたい。
 ちょっとずつ、茶器も揃えていきたいな。
 今は自分用なので、適当だし、数も全然ないので……。

 ということで、ご報告させていただきます。

 池澤春菜、初級及び中級評茶員の資格、取れました!!!!!

 
 『第七回中国政府労働和社会保障部公認資格 評茶員検定試験』
 の結果を以下の通りご通知いたします。

 ********************

 クラス:公認評茶員 中級

 結果 :合格
 
 ********************

 

 昨日、メールが来てた。
 お免状はまだ1ヶ月くらいしないと来ないけど(そしてそこに点数が……ぶるぶる)

 IMG_0946.jpg

 去年の10月くらいからお勉強を始めて、毎回5時間ひたすら……
 そして二月に試験。

 IMG_0944.jpg

 良かった~。
 結果が出てほっとしました(まだ点数がどれくらいだったか、という問題が残るけど。だってパスポートみたいな免状に、点数が書き込んであるんですよ……)。

 評茶員とは。
 一言で言えば、お茶のソムリエ。中国政府公認の資格です。
 茶葉の品質を鑑定する公的資格で、中国では貿易会社、茶葉販売店、茶市場、茶工場等に従事している方が取得しています。
 総合的に判断して、その茶葉がどれくらいのランクのものか、製造過程でどんなトラブルがあったか、発育環境はどうだったか、摘んだ時期は妥当だったか、などを判断できる資格。
 私は中級なので、まだまだわからないことだらけですが。
 深すぎる中国茶という大海の、水辺くらいには立てるようになりました。でもこの海には深海もあれば、深海生物もいるのよね……たぶん、ルルイエとかもあるし、そこで眠っている何かもいる。
 正直やればやるほどわからなく、そして恐ろしくなっていく世界です。
 
 でも、その階とはいえ、第一歩を踏み出せて良かった。
 そして一緒に学んだ仲間が出来て良かった。

 以上、ご報告、でした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。