2012年08月15日

可愛いクッションについて書いていたつもりがとんでも無い事実を知ってしまった

 実はクッションが大好きです。
 いえ、実は、と前置きするほどのこともないんですけどね……
 よく海外のベッドメイキングで、枕がいっぱい置いてあるじゃないですか。

 th_777d7d74.jpg

 そうそう、こんな感じ。
 (……意味は良くわからないのだけど)

 で、あれこれクッションを買い集めた結果。

 th_P8144729.jpg

 じゃーーーーーん。
 ……ものすごいキッチュ。

 th_P8144728.jpg

 可愛いんですけどね。
 黒の天蓋ベッド+濃い紫のシーツ+このクッションの色合いで、やや暑苦しくはあります。
 PIP Studioと、花布と、Wu&Wuと、ハワイのPier1で買ったもの(持ち帰るのに中綿を抜いて、カバーだけでにしたまま、まだ詰めてない)。

 で、足下がこうなのに対し、枕元はね。

 th_P8144730.jpg

 ひどい。
 女子と思えない。
 辛うじてマトリョーシカが救い。
 このロフテーの枕、すっごい良くて、腰が痛くて目が覚める、なんてこともなくなったのですが、大きいんです。
 枕カバーに詰めると、みちみちになって、せっかく体にあった形が台無しに。
 なので泣く泣くむき身で使ってます。

 ……
 …………
 ………………
 待って。
 今私、Googleで画像検索で、枕カバーって入れたの。 
 大きめサイズでカワイイのないかなぁと思って。

 大変なことになった。

 th_スクリーンショット 2012-08-14 19.29.22

 肌色に埋め尽くされた∑( ̄Д ̄;)
 枕カバー……抱き枕カバー?!
 いやいや、そうかもしれないけど……なんだろう、このコレジャナイ感(´・ω・`)
 いや、確かに大きいから、私のロフテー枕も入るかもしれませんが。
 折りたたんで、上半身部分を隠して、謎の下半身枕として使えば……いや、ないな。

 世の中、こんなにも抱き枕愛用派の方がいらっしゃるんですね(え? 観賞用?)

 抱き枕軍の侵攻に怯える普通枕愛用派でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。