2011年05月23日

ブックカバー量産の日々

 リンツカフェの記事で映っていたブックカバー、「どんなの?」とコメントで気にして下さった方がいたので、写真撮りました~。

 P5232315.jpg

 表は、チョコレートの柄。
 栞にはフェイクチョコレート。

 P5232316.jpg

 内側は、茶色のギンガムチェック+レース模様。

 このブックカバーは私が作ったものではないのです。
 生地屋さんで見本として展示されていたのが、ある日行ったら500円で売られていたので、即買い。
 すっごい可愛い、のですが、難点も幾つか。
 生地自体が薄いので、ぺらぺらして本に沿いにくい。
 チョコレートのチャームが重い。
 リボンが薄くて、表紙をしっかりホールドできない。

 さぁ、なんで私がこんなにブックカバーにうるさいのか。
 それはこちらをご覧下さい。

 P5232317.jpg

 これ、お手製でございます。
 一時期、理想のブックカバー作りに燃えていて、かなり量産したの。
 これはマトリョーシカバージョン。

 P5232318.jpg

 表紙を挟み込む形式だから、本の厚みによっては使いにくいこともあるけれど、ホールド感はばっちり。
 接着芯をはっているので、ブックカバー自体もしっかりしています。

 P5232319.jpg

 オリジナルのタグも作ってみました。
 ここもマトリョーシカなのだ。

 他にも、
 数種類の生地を組み合わせて作ってみたパッチワークバージョン。
 トールサイズ対応バージョン。
 厚めの布バージョン。
 などなど、多多ございます。
 ブックカバー作りに異様に燃えていたあの日……簡単で、布の組み合わせが面白くて、どんどん作れちゃうので、1日に3つとか作ってました。楽しかった……
 う~ん、また縫い物したくなってきちゃったなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。