2011年03月28日

苺が桜と餅には大福

 桜餅は、桜の葉の塩漬けでお餅を包んで、中に餡が入ってるもの。
 お餅は、道明寺粉が関西風、クレープタイプが関東風。

 いちご大福は、中に苺を包んだ、餡とお餅の大福。

 う~ん、じゃあ、中に苺が入っていて、道明寺で、桜の葉で包んであるのは?

 苺大福の桜の葉包みなのか。
 桜餅の苺入りなのか。

 わ、私、完全に混同してず~っと作ってた!!

 P3261953.jpg

 見た目はもの凄くいまいちですが、そこは手作り故、ちょっと多めに見ていただくとして。
 味は素晴らしいんです。
 苺大福単体も、桜餅単体も、軽く凌駕していると思うの。

 苺の甘酸っぱさ、ジューシーさ。
 あんこ(粒あん)の優しい甘さ。
 道明寺の舌触り。
 そして桜葉の塩加減。
 絶妙。

 苺1パック分、20個ほど作って、狩り会の差し入れにもいたしました。
 生菓子だから日持ちはしないけれど、道明寺粉を蒸したら、後は包んでいくだけなので簡単にできちゃうんですよ。
 張り切って道明寺粉を600gも買っちゃったので、苺が旬のうちに量産せねば……(揚げ物や蒸し物にも使えるけれど、やっぱり苺食べたい!!)

 しばらく私、苺桜餅屋さんです。

 -13.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。