2011年02月25日

理想の肌とは:だって女子だもの

 春になると、ファンデーションを変えたくなりませぬか?
 春になると、アイシャドウを買いたくなりませぬか?
 (男子すまん)

 たまには、プラモや狩りばかりではなく、お化粧品の話でもして、私が乙女だってことをアピールしよう作戦です。

 今使っているファンデーションは、ゲランのランジェリードポー。
 ここ最近ず~~~~~~っとゲランのこのシリーズです。

 pp_aqua.gifpp_extrime.gifparuregold_fluid.gif

 パリュールアクア→パリュールエクストリーム→パリュールゴールドときて、

 ldp.gif

 ランジェリードポーなう。
 ファンデーションは合う合わない、好き好きあるけれど、私はこのシリーズは好きだなぁ。
 割と薄付き、でも重ねればカバー力はある、艶があって、自然に馴染む感じ。
 プレストタイプのファンデーションはあまり好きではなく、コントロールができるクリームタイプ、リキッドタイプをもっぱら使ってます。
 理想は「きちんとした肌」。
 そりゃすっぴんで綺麗ならそれに越したことはないけれど、人である以上なかなか難しい。どちらにしろ、日焼け止めは塗らなきゃだし。
 だったら、お化粧をしているのはわかるけど、どのくらい何をしているのかはわからない、くらいがいいかな、と思うのです。
 つまり。
 つけまつげ→×
 マスカラで丁寧に綺麗に伸ばしたまつげ→○
 と、いうような。
 なので「きちんとした肌」なの。端正な肌、手入れのいい肌、気の行き届いている肌。これは、肌の部分を髪にしても、爪にしても、服にしても同じだなぁ。
 その点、このランジェリードポーは、「きちんとした肌」を叶えてくれる、とても優秀な子。
 大事、です。

 なんてメイク話、はたしてどれくらいの人がついてきてくれるものか……
 こだわりの粉の話、アイシャドウの話、睫毛の話、メイク落としの話、いろいろネタはあるのだけど……
 コメント欄の盛況具合を見て、メイク話を時々するかどうか考えよう、と日和る私でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。