2010年10月28日

出会いは億千万の胸騒ぎ(でもお安いのよ)

 とあるリース屋さんが閉店することになり、今まで集めた品をぜ~~~~~んぶリース料で売っちゃいます!!という夢のようなセールに、お友達のスタイリストさんと行ってきました。

 ビルのフロア3階まるごと、靴とアクセサリーと帽子とバッグと小物で埋め尽くされています。
 夢のよう!!

 あのブランドも!!
 このブランドも!!
 よ・ん・け・た!!!

 しかも状態はとても良く、丁寧に保管してあります。
 夢の装備品倉庫状態。

 目眩がするような空間をぐるぐる。
 結局私が選んだのは

 PA261086.jpg

 アクセサリーと造花たくさん。
 色がうまくでなかったんだけど、この右下のはとても濃いグレーに牡丹色の花という、めちゃくちゃスタイリッシュな組み合わせ。
 ここらへんのアンティーク風お花コサージュは、もう大好きで大好きで。ほぼ観賞用に買いました。

 PA261087.jpg

 グログランのリボンのついた上品なクロシェ。
 かぶると素敵なマドモアゼルになれそうです。

 PA261096.jpg

 きらきらカチューシャ。
 ライブやパーティ用と思って買ったけど、意外と日常生活でもつけられちゃいます。
 シンプルな服に一点豪華主義、というのもいいよね。

 PA261088.jpgPA261090.jpg

 そして心の中で「美人ブーツ」と名付けたこちらのブーツ。
 すらっとしたスクエアなつま先。
 高さも申し分ない、しっかり太めヒール。
 足の形を最高に綺麗に見せてくれる、すらっと細い筒回り(相当に細身なので、今のふくらはぎ要キープ)。
 便利すぎるキャメル色。

 PA261092.jpg

 そしてこの繊細な模様!!
 しかもこれ、左足のふくらはぎだけに施されているのです。
 アシンメトリー!!

 履くと思わず背筋が伸びてしまう、美人ブーツ。
 こんな理想のブーツと出会えたなんて

 しかも仰天のお値段なのです。
 たぶん、市価の三分の一~五分の一、ものによっては十分の一くらいかも。
 結局私は、いわゆるブランドのものは1個も買わなかった……わぁ、これは欲しいと自然に思えるものがなくて(たまに心惹かれても「このロゴがなければいいのになぁ」と身も蓋もないことを)。
 これだけの条件が揃っていても手を伸ばさないと言うことは、やっぱりまだまだ私には早いのかな。

 あともう一回、行く予定。
 次はもうちょっと心のたがを外しちゃおうかしら。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。