2010年10月22日

朝ご飯どうする?

 いろいろすることがあって、どんどん時間のなくなる朝。
 朝ご飯は食べなきゃいけない、ってわかっていても、でもやっぱりお仕事優先。これだけ先に書き上げちゃわなきゃ、このメールだけ返信しないと、クーちゃんのトイレを綺麗にして、自分のお化粧して、お洋服選んで……
 なんてバタバタやってる中に、ノンビリ朝ご飯の時間が組み込めること、あんまりありません。
 おかしいなぁ、最低でも出る2時間前に起きているし、朝片付けたいことが多い場合は凄く早起きもしているのに。
 
 なので、だいたい朝は、お茶を入れて、それを飲みながら、準備をしながら、ちょっとずつ焼き菓子をかじったり、チョコレートをかじったり。
 
 でも、たまにはこんな朝ご飯。
PA121060.jpg
 これはブリトー。
 トルティーヤの中に、お豆の潰したのや、ピラフ、お野菜に海老や牛肉、鶏肉なんかが入っていて、ボリューム満点。
 チンすると中からチーズがトロ~リ。
 たっっっっぷりのピリ辛サルサをかけていただきます。
 一本買うと、だいたい朝ご飯2回分(この写真は見た目のために一緒に盛っちゃったけど)。
 これは生タイプ。
 冷凍のもう少し小さいのもまた別に売っていて、それも朝ご飯には便利です。

 もしくは、肉まん。
 張大夫のミニ肉まんが好きなのです。
 いつもたくさん買って、冷凍しておくの。
 直径5cmくらい。これを1~2個と、甘い餡のを1個、ヘルシオの解凍肉まんモードに放り込んでおいて、その間に準備を進めて。
 できあがったら、囓りながら、さらに準備。
 小さいから蒸し時間も短くて済むし、食べる量の調節もしやすい。

 台湾で買ってきた蛋餅と葱抓餅も便利。
 蛋餅は葱入りの薄いクレープのような生地。
 胡麻油で解凍しつつ焼いて、ちょっとずらして溶き卵を下に流し込んだら、くるくるっと巻きます。
 辛い醤をつけていただくと最高。
 156.jpg
 この左側の(右のは鹹豆漿、私の愛する台湾の阜杭豆漿のもの)。
 葱抓餅は、やっぱり基本構成要素は葱と小麦とラードと、なんだけど、パイ生地のように重なっています。
 これを焼きながら、ぎゅぎゅっとつまんでいくと、焼けたところがサクサクぱりぱりの層になって剥がれていく、素敵な食べ物。

 あ、そうそう、昨日の朝ご飯は、贅沢卵かけご飯でした。
 ご飯に、しらすをたくさん乗せて、もみ海苔をたっぷり、卵をぽとんと落としたら、オリーブオイルをくるっと一回し。お好みでお醤油をちょっぴり。
 オリーブオイル、意外かも知れないけれど、クセがなくなって、円やかになって美味しいんですよ~。
 
 願掛けで甘いもの断ちをしている今は、なかなか朝ご飯の選択肢も限られちゃって。
 今日はこれからコーンブレッドを焼くつもり。
 お夕飯はシチューで。
 朝ご飯には、ベーコンと卵とスープと一緒にいただくのだ。

 手間がかからなくて、ささっと食べられて、美味しい。
 そんな素敵な朝ご飯レシピをお持ちの方は、ぜひぜひ教えて下さい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。