2010年10月18日

可愛い子にはパンの耳をあげよ

 PA091042.jpg

 ツイッターで水玉さんに教えて貰った美味しいパン情報。
 新宿のデパ地下に催事で出ているそうなので、さっそく行ってきました。

 ナショナルデパートという、カンパーニュのお店です。 
 5kgもある超巨大なパンを焼くの!!
 実物見たけれど、その大きさたるや……え~と……え~と……PGの箱くらいはあったぜよ!!
 もしくはホテルのおっきな枕。

 いろいろなお味の詰め合わせを買ってみました。

*マンゴーフルーツパフェ
 フルーツの果汁を感じられるようなはじける夏のカンパーニュをテーマに、マンゴーペーストを練り込んだ鮮やかな黄金の生地。熱い太陽の光が果実を甘くするように、熱帯の空気が人を楽しく踊らせるように、殻を割ったら中からいろんな色の実が出てくる不思議な果実のイメージで焼き上げたカンパーニュ。ナイフを入れるとストロベリー、キウイ、パパイヤ、パイナップル、メロン、マンゴーの6種類のドライフルーツが甘い香りを漂わせます。
*ポワゾンルージュ
 日本語に訳すと「赤い毒薬」。甘く誘うストロベリーの香りがカンパーニュの生地いっぱいに広がり、 中にはドライストロベリーが丸のまま練り込まれています。軽くもどしたドライストロベリーは、 オーブンの中で時間をかけて焼かれる事で、上等なコンフィチュールのような上品な甘さに仕上がっています。 パンの常識を覆す、甘く官能的な味わいの危険な魅力に満ちたカンパーニュです。
*ロシアンティールーム
 ダージリン、アッサム茶葉を練り込んだ生地に、刻みアールグレイをミックスして、より香り豊かに。ドライフルーツの甘い香りと良く合いますよ。
*抹茶さつまいも
 香り高い抹茶のカンパーニュに、甘いさつまいも甘露煮がゴロゴロと入った、和風スイーツカンパーニュ。生地にはお砂糖を使っていないから、抹茶の自然な苦みを香りが感じられます。
*ショコラ・バナーヌ
 四季のカンパーニュをベースに、自然な甘みのドライバナナに香ばしいカカオをプラス。カカオの深い香りと苦みの中に、鼻腔をくすぐるドライバナナの甘い香り。くるみの食感も見事にマッチして、まるでチョコレートケーキのようなリッチな味わいです。
*メープル・トロワ
 三種ナッツ(クルミ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ)にメープルのクリームをロールしたカンパーニュ。甘いパンをお好みの方にも人気です。
 (説明文はHPからお借りしました)

 こちらのパンは、お砂糖も卵も乳製品も使っていないんですって。
 だから、口に入れた最初は、名前のような華やかな味はしないの。もっきゅもっきゅ噛んでいると、だんだん粉の味がジンワリ出てくる。
 ちょっと酸味のある、大変潔い味。
 そんなところに、ふと顔を出すドライフルーツ。これはもう味の爆弾です。舌が10くらいの味の中で遊んでいるところへ、30くらいの味がドンと来る。でもきっと普段食べているパンなら、100。
 10だからこそわかる味。
 30のフルーツの味。
 ミニマムの極致。

 PA091041.jpg

 びっくりしたのは、クーちゃんのこのお顔!!
 普段、パンを食べてても「それ終わったらクーちゃんのゴハンよろしくね」ってくらいなのに、ここのカンパーニュをヘルシオで温め出すとそわそわ。
 テーブルに運ぼうとすると「なにそれなにそれちょういいにおい!!!!!」と大騒ぎ。
 結局、パンの皮の所を二切れもゲット。
 もっきゅもっきゅ美味しそうに食べていました。
 普通のパンならあげません、でも砂糖不使用だし、こんなに要求されるなら、ちょっとだけ……

 クーちゃんお墨付きのカンパーニュです。
 惜しむらくは、一番気になっていたラー油入りカンパーニュがなかったこと。
 む~ん、食べてみたかった、ラー油入りカンパーニュ(辣油面包)。
 もちろん、それはクーちゃんにはあげません。禁断の大人の味ってことで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。