2010年04月13日

たくまちわわとわたし

 皆様、チワワのイメージってどんなですか?

 目がウルウルしてて。
 震えてて。
 か弱くて。
 可愛い。

 そんなチワワのイメージを根本から覆す、凄いチワワと時々すれ違います。
 名付けて、たくまチワワ。

 たくまチワワはいつも、おじいちゃんをお散歩させております。
 リードはつけず、後ろからゆっくりついてくるおじいちゃんを時々振り返りながら、のしのしと睥睨。
 手足もしっかり筋肉質。
 チワワにしてはやや大きめ。
 そして何より、あふれ出すあの貫禄。

 通りすがりにご挨拶していくと
 「おぉ、ねぇちゃん、仕事かい? 気をつけて行ってきな。留守の間は、俺がこの街を守ってるからよ」
 と、クールに挨拶(してる気がする)。

 そんなたくまチワワ、ここしばらくお見かけしていません。
 心配しつつも、私の頭の中では、勝手にストーリー展開が。

 おじいちゃまの生活費を稼ぐため、土佐に降り立ったたくまチワワ。
 その鋭い眼光と並々ならぬオーラで、闘わずして数々の闘犬を屈服させ、そして優勝。
 勝者の証の化粧回しは大きすぎるので、こよりで作られた物を意気揚々と首から提げ、凱旋。
 「さ、おやじ、帰るぜ。帰りは闘犬協会が飛行機取ってくれたからよ、歩かなくてもいいからな。は? 貨物扱い? 何言ってやがる。ファーストクラスを用意しやがれ」

 そんな妄想をふわふわしていたら、いました、たくまチワワ。
 お昼ご飯を食べていたカフェのカーテンの向こうを、相変わらずおじいちゃん連れで悠々とお散歩。
 慌ててお会計をして飛び出したんだけど、もういませんでした。

 もし次回会ったら、名前を聞いてみよう。
 どうしよう、ココアちゃんとか、マロンちゃんだったら……
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。